持たざる者が時間を武器に金持ちになる

トータルリターンを常に公開。貧乏出身で現在進行形で貧乏な20代の若者が30年後に金持ちになるまでの軌跡を見せる。楽天VTIと運命を共に。最後に笑うのは僕だ

MENU

今日からつみたてNISAを始めよう!! でも楽天証券でのつみたてNISA口座開設まで実際何日かかるの? 貧乏大学生が実際に試してみた!!

どうも。金持ちになりたいと常に思っている僕です。

 

ペーペー投資家でも気軽に米国株に投資できる良い時代。

 

そんな時代に生まれた僕は、この度楽天証券口座を開設し、ついでにつみたてNISA口座も開設した。

 

あとデビットカードも作った。これがかわいいんだ(重要)。

 

まずは楽天デビットカードの可愛いさを宣伝しつつ、後半はつみたてNISA口座開設にかかった日数を公開するぞよ。

 

 

 

 

 

 

 

可愛いカードが欲しければJCBデビットカード一択

僕は楽天証券を使っている。んで楽天証券は楽天銀行と併用するととても便利だ。

 

実際マネーブリッジはとても便利だし、ハッピープログラムにはたくさんお世話になっている。

 

そして楽天銀行が出してるJCBのデビットカードが可愛い。むしろこっちが本命。

f:id:Hmiroku:20180809190710p:plain

参照(楽天銀行HP):https://www.rakuten-bank.co.jp/press/2017/170919.html

 

めっちゃかわいいけど注意点。

 

 

  • 海外ではおもちゃ扱いされて使えない

 

 

こともあるんだとか。確かにアメックスとかの無骨な感じと比べるとポップだしな。おもちゃ感ある。

 

あとは日本国内でもJCBだけ使えないお店とかもあるみたい。これは楽天クレジットカード(以下楽天クレカ)と楽天デビットカードの二枚持ちで回避できる。

 

 

  • 楽天カード(VISA)
  • 楽天デビットカード(JCB)

 

 

みたいに複数のカード会社のカードを持っておくと便利だ。

 

なおデビットカードは審査が無い。一方楽天カードは審査があるものの他のクレカと比べると通りやすいんだとか。

 

まあ僕みたいな貧乏人でも通るからそれはその通りかもしれない。

haiagare.hatenablog.com

 

ちなみに楽天カードは楽天証券で投資信託のカード決済が始まったことで一気に有用性が高まった。

 

 

  • 投資信託を楽天カード決済で買うと支払額の1%が楽天スーパーポイントとしてもらえる

 

 

これは本当にすごいことなんだけど、今語り始めると長くなるので割愛。詳しくは以下の記事。

www.haiagare-sasami-r-vti.work

 

 

つみたてNISA

つみたてNISAのことを全く知らない人はこちら。金融庁公式HPだ。

www.fsa.go.jp

 

つみたてNISAの対象商品は、手数料が低水準、頻繁に分配金が支払われないなど、長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されており、投資初心者をはじめ幅広い年代の方にとって利用しやすい仕組みとなっています

 

もう本当にこの通りである。投資初心者にバッチリおすすめだゾ。

 

 

さて、その上でつみたてNISA口座での取引を始めようとしている人にまず言っておくことは

 

 

『少しでも早くつみたてNISA口座開設の申請をする

 

 

を意識すること。何故ならば

 

 

  • 長期投資は20年以上かかるもの。スタートが早い方がゴールが近くなる
  • つみたてNISA口座開設自体は非常に簡単だが開設までに日数がかかる

 

 

という二つの理由があるから。

 

物事を始めるにあたり、スタートに躓いて日にちが経つうちに、モチベーションが失せてしまうのはよくあることだ。

 

つみたてNISA口座は申請してから開設されるまで時間がかかるので、逆に申請して書類が届くまでの間や口座開設を待つ間に投資についていろいろ調べてみよう。

 

僕はそうやって勉強しながら同時に申請も進めた。

 

その過程で『つみたてNISA×楽天VTI』という最強の組み合わせに出会ったわけだが、それは別記事にて。

haiagare.hatenablog.com

 

 

実際に口座開設にかかった日数

では実際に僕がどういうスケジュールで積立NISA口座を開設したか載せる。

f:id:Hmiroku:20180817191320j:plain

 

 

約20日間

 

 

これがタイトルに対する答えだ。長くね? これでは始めようと思った月が終わってしまう。

 

だがこれは長いようで実は短いらしい。というのもネット上の情報では

 

 

インフルエンサー「税務署審査が難関。1カ月はかかる」

 

 

とかビビらせてくるから。

 

僕は普通に9日間で済んだけどね。仮に税務署審査に1ヶ月かかってたら累計40日間とかになるわ。そりゃいかん。

 

しかしインターネットは便利だけど、やっぱり自分でやってみないとあてにならない。

 

もちろん時期とか申請者の収入とか関係あるとは思うが、やはり情報は自分で取捨選択せねばと再認識。

 

 

つみたてNISA口座を開設した後にすることは?

それは

 

 

  • 好きな銘柄を選んで購入すること
  • ただし信託報酬に注意する

 

 

ということ。そもそもつみたてNISAの条件が低信託報酬なのでそこまで心配はいらない。

 

二番目の条件(信託報酬の低さ)を満たし、かつリターンも高そうなので僕が推しているのは楽天VTIだが、他にも良い商品は沢山ある。

 

 

  • 楽天VTI
  • 楽天VT
  • eMaxis Slimシリーズ

 

 

この辺りのインデックスファンドはリターンも高めで長期保有に適しているゾ。

 

実際30年以上保有する上でこれらの優劣はあまり無く、どれを選ぶかは好みの問題である。

 

そしてやはり僕の好みは楽天VTI。米国上場企業を網羅しているETFをベンチマークにした投資信託だ。

 

僕はアメリカ大好きだから楽天VTIにした。みんなはどのインデックスファンドにする?

 

つみたてNISA口座開設までの時間はそこそこ長いから、こういうのをじっくりと考えてみるのも楽しいよ。

 

 

 

ではでは