持たざる者が時間を武器に金持ちになる

貧乏出身、現在進行形で貧乏な男が30年後に金持ちになるまでの軌跡を見せる。楽天VTIと運命を共に

MENU

なぜ楽天証券なのか? そして楽天銀行を使ってみた感想。あと楽天証券でのNISA口座開設まで何日かかるのか試してみたよ

どうも。金持ちになりてぇ僕です。

 

僕は楽天証券を利用しているが、日本で米国株式に投資するならSBIかマネックスあたりが他には考えられるようだ。

 要するにこの3つが大手でここを使っておけば間違いはないらしい(カブドットコムのフリーETFがすごいらしいよ! ETF買わないけど!)。

 

んで、僕は楽天証券を使っている。なぜかというと楽天証券は楽天銀行と併用するととても便利で、あとは楽天が出してるJCBのデビットカードが可愛くてそれを使いたかったからだ。むしろこっちが本命。

f:id:Hmiroku:20180809190710p:plain

参照(楽天銀行HP):https://www.rakuten-bank.co.jp/press/2017/170919.html

めっちゃかわいくない? 覗き込んでくるのが可愛いし緩んだ口元も可愛い。こういったキャラクターもののカードは海外ではおもちゃ扱いされて使えないこともあるんだとか。でも別に海外旅行行かないから困ることもなし。どうせなら気に入ったものを使いたいし。

ちなみにデビットカードは審査通りやすいらしいよ。僕も貧乏だけど通ったし。どのくらい貧乏化は以下の記事参照。やっぱり学生という身分は審査とかに強いのかいな。

haiagare.hatenablog.com

 

あとは楽天カードを使って購入したものの代金の1%分のポイントがもらえる。これが投資に使えるんだわ。マジ嬉しい。

 

んで、楽天証券と楽天銀行の連携において、最大のメリットはマネーブリッジではなかろうか。

www.rakuten-sec.co.jp

 

リンク先の公式で詳しく説明されてるから僕からは割愛。とりあえず簡単にまとめると

 

・マネーブリッジ:楽天銀行口座と楽天証券口座をリンクさせる

・楽天スーパーポイントで投資信託買える(NISAもいける)

 

が大きなメリットかな。しかも今のところなかなかいいのではなかろうか、という感想。特に積立設定日近くになると「証券口座に入金しといてね」ってメールが来るけど、マネーブリッジ設定しとけば勝手に銀行口座から引き落としてくれるのが良い(リンクされてるので文字通り勝手に引き落としてくれる)。物事は煩わしさを排除することが大事だ。いちいち入金する必要が無くてマジ便利。インターネット最高。

 

楽天スーパーポイントは日常的に楽天カードを使うようにして(コンビニでもドヤ顔で使ってるぜ)コツコツためていけば楽天VTIがどんどん買える。

haiagare.hatenablog.com

 

という訳で楽天証券と楽天銀行マジおすすめ。

 

次は積立NISAについて語ろう。まず言っておくことはこれから始めようと思っている人は『少しでも早く口座開設の申請をする』ことを意識してほしい。NISA口座開設は非常に簡単だが、開設までに日数がかかる。なんなら申請して書類が届くまでの間に投資についていろいろ調べてもいい。僕はそうやって勉強しながら同時に申請も進めた。その過程で積立NISA×楽天VTIという最強の組み合わせに出会ったわけだが、それは別記事にて。

haiagare.hatenablog.com

 

では実際に僕がどういうスケジュールで積立NISA口座を開設したか載せる。

f:id:Hmiroku:20180817191320j:plain

 

訳20日間。個人的に長すぎでは? とも思ったがまあ楽天証券さんもいろいろ事情があるのだろう。あとネット上の情報では「税務署審査は1カ月はかかる」とかビビらせてきたけど普通に9日間で済んでます。インターネットは便利だけど、やっぱり自分でやってみないとあてにならんわ。時期とか申請者の収入とか関係あるとは思うけどね。情報は自分で取捨選択せねば。

 

積立NISAは年間40万円と少なめの枠なので仮に12月にギリギリ開設しても何とか40万円すべて使い切ることはできると思う(ボーナス枠と増額設定で何とかなる)。でも手続きが遅れたり、そもそも急いでると何かしらのミスをする恐れもあるので早めに開設するのがいいと思われ。

 

 

ではでは