持たざる者が時間を武器に金持ちになる

トータルリターンを常に公開。貧乏出身で現在進行形で貧乏な20代の若者が30年後に金持ちになるまでの軌跡を見せる。楽天VTIと運命を共に。最後に笑うのは僕だ

MENU

<貧乏でもできる>つみたてNISA口座で楽天VTIを『毎日積立』したら預金100万円無くてもハッピープログラムのステージVIPになるんじゃね? って話<楽天スーパーポイント獲得倍率3倍>

どうも、僕です。

 

結論から言うと、『ステージVIPになれる』

 

貧乏人は地道に楽天スーパーポイント貯めていこうぜ。ただし欲しいものだけ買うのがポイントだ。

 

僕の場合はそう、楽天VTI。

 

 

 

 

 

 

やり方紹介

まず第一に取引回数を稼ぐために楽天VTIを『毎日積立』で購入することが必要である。

 

これが肝なのだが、実際には他にもやるべき設定があるため最初は少々面倒だ。ググればいくらでも方法が出てくるが、ここで簡単にまとめておく。

 

 

  • 楽天銀行口座と楽天証券口座をマネーブリッジでつなぐ
  • 証券口座残高が常に0円になるように設定する(自動スイープ機能も忘れずに)
  • 『毎日積立』で楽天VTIを購入する
  • 証券口座にお金がないためマネーブリッジの効果で銀行口座からお金が引き落とされる
  • この引き落としがハッピープログラムの取引回数として認定される
  • あとは『毎日積立』のおかげで楽天証券の営業日分この作業が繰り返されるため、1月あたり20件という取引回数のノルマをほぼ全ての月で達成できる

 

 

というカラクリである。なお祝日の多い月はこの方法だと20回に満たないことは明白であるが、その解決方法はしっかり存在する。この記事の一番下にリンクがあるのでそちらを参照。

 

このシステムの肝は『証券口座残高が0円』の状態で『毎日積立』を設定することだ。忘れないようにしっかり設定しよう。

 

ちなみに積立方法やマネーブリッジ等各種設定は楽天証券HPでいつでも以下のように確認できるので、ちゃんと設定できているか不安な人は確認してみよう。

f:id:Hmiroku:20180820125733j:plain

 

『毎日積立』を年初からやっていない場合はこんな感じできっかり40万円にならないのがなんかキモい。でも最終的に帳尻を合わせることはできるのでこれも気にしないでおっけー。

 

 

なんのために『取引回数を稼ぐ』のか?

『毎日積立』とは証券会社が営業日であればその日に買い付けを自動で行ってくれるという設定だ。

 

1カ月当たりの営業日、つまり土日祝日を抜いた日は大体20日を超える(例外は年末年始の1月、ゴールデンウィークの5月、シルバーウィークの9月あたり)ので、『毎日積立』にしておけば1カ月当たりの取引回数を20回以上稼ぐことができる。

 

ここで思い出してほしい。

 

 

『ハッピープログラムに参加したうえで取引回数が20回以上』

 

 

になると・・・・・・?

f:id:Hmiroku:20180820130850j:plain

https://www.rakuten-bank.co.jp/happyprogram/

 

ステージVIPまで一気に到達できるのだ。

 

このステージになると画像に書いてある通り『楽天スーパーポイント獲得倍率』が3倍になる。ATM利用手数料無料3回分もかなり便利だが、今回はこの3倍が欲しいたまこちらに注目する。

 

 

なぜ3倍が欲しい?

仮に月に20回取引をするとして、ステージVIPなら20回×3で60ポイントもらえる。んでそれが12ヶ月分なので720ポイント

 

一方で『毎月積立』で12ヶ月取引をした場合、ステージはVIPにならず(預金が100万円以上あればなるよ!)、もらえるポイントは12回の取引分の12ポイント

 

つまり、ちょっと積立方法の設定を変えるだけで年間708ポイントも多く貯まるのだ。

これが多いと見るか少ないと見るかは人によるだろうが、僕は多いと思う。

 

もちろん無理のない範囲でだが、こういったこだわりというものが長期投資を継続するコツだ。

 

 

注意

なお次の月のステージが何になるのかを判断される期間は

 

 

  • 前々月26日~前月25日までの1か月間の取引回数を集計

 

 

となる。具体的に2018年10月のステージで言えば

 

 

  • 10月のステージ:2018年8月26日~9月25日までの取引回数を集計し、それが20回以上なら10月からステージがVIPになる

 

 

と言った感じだ。

 

また楽天デビットの『支払い金額に応じたポイント』は3倍にはならない。適用されるのは『1回の取引につき1ポイント』に対してなので、ステージVIPなら取引1回につき3ポイントに貰えるポイントが増える、という寸法だ。

 

700円のものを買っても3ポイント。決して21ポイントが貰えるわけではないので注意しよう。

 

 

ポイント倍率に拘る理由

楽天スーパーポイントは投資信託を購入することが出来るので実質1ポイント=1円の価値があること。これがポイントにこだわる最大の理由だ。

 

先ほどの設定でいくと、20回の取引につき3ポイントずつ貰るのでそれが12か月分なので720ポイントだ。

 

はっきり言って大したことない数だが、資産形成のコツは『収入の増大・支出の減少』をセットで行うことだ。これも立派な収入であり、こういった細かいことに拘ればやがて大きなものにも拘れるようになると思う。

 

要するに

 

 

  • 『これ自体のメリットがデカい』

 

 

と言うよりは

 

 

  • 『チマチマお金を貯めるという行為に慣れるため』の予行演習

 

 

だと思ってやるべきなのだ。やらないよりは得だが、過度な期待はNGである。実際にポイントで購入していた楽天VTIを短期で解約してみたが、その利益は微々たるものだ(銀行預金よりはマシだけど)。

www.haiagare-sasami-r-vti.work

 

尤も30年間保有してたらさすがにもっと利益が出てただろうが。これもまた短期的トレードがあまり得にならないということを示す証拠でもある。

 

楽天証券で取引する最大のメリットは、将来の資産形成のために必要な投資信託を買って、それに無料でポイントが付いてきてさらに資産運用のコツまで掴むことが出来る。

 

実際のところ利用者に得しかないのだ。こうなればとことん利用するのが吉。

 

しかしこれが特に欲しくない商品を楽天市場で購入する、とかだといつまで経ってもお金はたまらないので気を付けよう。30年間握っていたものがゴミだったというオチは避けたい。

 

 

制度を最大限利用しよう

今日本ではNISAが推進され、さらにつみたてNISAおよび楽天バンガードなどの登場により一般人でも長期投資によってほぼ確実にお金を儲けることが出来るチャンスが生まれている。

 

そこで資産増大のスピードを加速させるために今回のような小細工も必要だという話だ。

 

 

  • 積立NISA枠で楽天VTIを『毎日積立』で買って取引回数を稼ぐ
  • ステージVIPに上がったら楽天スーパーポイントを稼いでそのまま楽天VTIに再投資。『複利』の力を学ぶ糧にする。

 

 

今回初めて出た単語。『複利』についての詳細は以下の記事へ。

www.haiagare-sasami-r-vti.work

 

 

僕の言いたいことは

 

 

  • 30年後に積みあがった資産を利確してお金持ちになろう!

 

 

これだけだ。

 

そしてこれが時間さえかければ誰でもできる時代ということも伝えたい。個人の力は小さくとも資本主義経済という莫大なパワーに相乗りすることでその力を借りることが出来る。

 

僕はやっている。今すぐには無理でも、いずれ金持ちになりたいから。

 

そしてまた僕は一つ金持ちへの道を一歩踏み出した。

 

 

無事にステージVIPに

www.haiagare-sasami-r-vti.work

 

やったぜ。

 

 

注意

さっきも書いたけど1月、5月、9月あたりの営業日が少ない月は20回に届かないかもだから注意だぞ!! 

www.haiagare-sasami-r-vti.work

 

 

 

 最新情報(『毎日積立のみ』はもう古い!?)

www.haiagare-sasami-r-vti.work

 

楽天カード決済が登場。これにより『毎日積立のみ』はもう時代遅れに。しかしどちらか片方ではなく、二つを上手に組み合わせていく方が得である。

 

めんどくさい人は楽天カード決済だけでもいい。それくらい簡単でお得な方法が登場したのだ。もちろん僕はもう作業に慣れたものなので両方継続するが。

 

持ってない人で早速楽天カードを作ろうとしている人、楽天はキャンペーンやってるから申し込む前に色々調べることをお勧めするぜ。

 

僕の場合はキャンペーンにエントリーしつつ楽天カードを作ることで最終的に8,000ポイントもらえた。こういった情報は適宜更新されていくものなので、それに精一杯ついて行って制度を最大限利用しよう。

 

 

ではでは