持たざる者が時間を武器に金持ちになる

貧乏出身、現在進行形で貧乏な男が30年後に金持ちになるまでの軌跡を見せる。楽天VTIと運命を共に

MENU

<新卒でも必見>ふるさと納税について全然知らないので調べてみた。お米20キロが実質2000円でしかも確定申告が不要!? オラわくわくしてきたぞ!!<ふるさと納税>

どうも、僕です。相変わらず金がないのでせっせとインターネットの海を回遊して情報を集めてるぜ。

 

という訳で今回のテーマは『ふるさと納税』。耳にしたことはあるが実際にやったことがある人少ないだろうアレだ。めっちゃ興味あるので来年社会人になったら早速やってみようと息巻いているでござる。まずはリサーチってことで自分でいろいろ調べた結果、どうやらふるさと納税は有能らしいことがわかってきたぞい。

 

最大のメリットはふるさと納税で納税したお金は『寄付金控除』として節税できるということ。

 

具体的に言うと、所得税と住民税において寄付金の分控除が受けられる、つまり払う税金が安くなるのだ(還付によって最終的に安くなるって感じ)。そして『返礼品』ももらえる。これってすごい。資産運用のコツは『支出を如何に抑えるか』がポイント。ではどれだけ安くなるのか。一つの例で説明しよう。

 

まず大前提としてふるさと納税では2000円の自己負担が必要である。これはどのパターンでも覆らないので覚えておこう。

では、1年間で1万円をふるさと納税した場合、この2000円を考慮して寄付金控除扱いになるのは8000円である。3万円だったら2万8千円が寄付金控除の対象。簡単。

 

これまでの話からふるさと納税で貰える返礼品は2000円より価値のあるものを選ぶべきだとわかる。高級なお肉だったり果物であったり、欲しいものをもらうとよき。ちなみに僕が目を付けている返礼品はこのシリーズ。

www.furusato-tax.jp

 

検索すると一番上に出てくるあたり人気なのが分かる。そう、『1万円でコメ20キロ返礼』のやつだ。実質負担は2000円だから20キロで2000円、5キロだと500円である。やっす

近所のスーパーは5キロ1600円…しかもこれに税金の控除が得られるのだ…すごくね? 確実にすごい

 

まだまだ探せば魅力的な返礼品がありそう。しかもクレジットカード対応の自治体もあるとか? 楽天カードならスーパーポイントが貯まってさらに楽天VTIが買えるぜ・・・・・・!

 

でも気を付けなければならない点がある。無敵のふるさと納税も『寄付金の上限額』が存在するのだ。これを超えると当然のごとく税金の控除は受けられない。そしてこの上限は収入に応じて変動するのだが、親切なことに公式でシミュレーションができるようになっている。

www.satofull.jp

ちなみに僕は来年からサラリーマンで月収は20万程度なので年収は300万円に届かない程度。年収について触れている記事があるので紹介しとくぞい。

haiagare.hatenablog.com

 

んで、この場合だと2万7千円程度の枠が与えられるらしい。嬉しいね。ただ、税金の話をするうえで忘れてはいけないのは・・・・・・そう、確定申告である。控除された分の還付を受けるためには確定申告が必須である。一気にめんどくさい予感がしてきたが大丈夫だ。確定申告をスルーできる条件がある。

 

ふるさと納税をした上でサラリーマンが確定申告不要となる条件は簡単。

『ワンストップ特例制度』というものを申請したらいい。この申請は寄付をする自治体に書類を送ることで通るようだ。

んで、肝心のワンストップ特例制度が適用される条件はシンプルに3つ。

 

・年収2000万円以下

・1年間の寄付先の自治体が5つ以下であること

・2015年3月31日までに寄付をしていないこと

 

めっちゃ余裕やんけ! でもこういうのは自分で納得するまで調べてからやるべきなので有能なページのリンクを貼っておくぞい。

nomad-saving.com

 

ふるさと納税の控除は所得税と住民税に適用され翌年還付されるが、このワンストップ特例制度を利用した場合、翌年の毎月の住民税から差引されていくようだ。本当に自分の税金が控除されているのか確認したい場合は住民税の額を確認ということですな。

 

そしてさらに大事なのは『元々確定申告をする予定の人』はこのワンストップ特例制度は使えないということ。これはあくまで『確定申告を全くしない人』向けの制度なので当り前ではある。元々確定申告してる人ならめんどくささは変わらないし、確定申告をしない人は便利になってラッキーな素晴らしい制度である。

ちなみに僕は楽天VTI一本なので配当は出ない。よって確定申告もする必要が無いと思われるので特例制度を来年利用する予定である(素人考えなので何か間違ってたら教えてほしい! 切実に)。

 

 

それにしてもお金の話って楽しい。間違ってることもあるだろうけど、知的好奇心を存分に満たしてくれるインターネットは素晴らしい。願わくばこの気持ちを失わないように生きていきたい。そのためには金持ちになる(ノルマ達成)。

 

ではでは