持たざる者が時間を武器に金持ちになる

貧乏出身、現在進行形で貧乏な男が30年後に金持ちになるまでの軌跡を見せる。楽天VTIと運命を共に

MENU

<楽天VTI>積立NISAで『毎日積立』にすると毎日がちょっと楽しくなった<ハッピープログラム>

どうも、僕です。

 

はてさて、紆余曲折あった末に僕の投資スタイルは楽天VTIを『毎日積立』で購入するという手法に落ち着いた。米国一本ポートフォリオなのは当初から変わらず、しかし毎日積立にした経緯は以下の記事で。

haiagare.hatenablog.com

 

今のところ無事にハッピープログラムのステージも10月にはVIPに到達しそうなので嬉しい。そして思わぬ副産物として別の楽しみが生まれている

 

まずは毎日の基準価額の変化による資産の推移。上がったり下がったりしながら徐々に右肩上がり…

 

これ、楽しくない?

 

僕は楽しい。お金のことが嫌いな人は別だろうが、僕は基本的にお金大好きだし通帳眺めるのも好きなタイプなので毎日楽しくて仕方が無い。

『毎月積立』でも変動があったが『毎日積立』の方がより楽しい。それは振れ幅が少し大きくなるからか、それとも毎日というところがツボにはまったのかはわからないが、とにかく楽しい。

 

1回設定すると後は基本的に放置なのも楽でいい。来年働き始めてからも容易に継続できるだろう。ただ漫然と毎日注文されて約定されていくのを眺める。そして日々その値は変動し、それがなんとなく楽しいのだ。ついでに投資に関するブログ記事を検索してみたりして、なんとなーく日常の軽いルーティンが増えるのも良い。

要するに積立NISAで楽天VTIを毎日購入するのは僕にとって良い趣味だという事だ。やったね。

 

他人に説明するならば、朝顔の夏休み観察日記がもう少し刺激的になった感じだろうか。上がったり下がったりを観察するのが楽しい。やはり人間飽きるもので、動きが無いと観察のし甲斐が無いという事なのだろう(かと言って毎日10%も動かれたらそれはつらい。FXとかね)。

 

それもこれも『米国株を長期保有すると最終的に儲かる』と確信しているからだろう。そして以前も書いたが『想定内のリスク』は『程よいスリル』として生活に潤いを与えてくれるのだ。『儲からないかもしれないし毎日めっちゃ変動するよ』が好きな人もいるだろうが、僕はそうではない。

 

出来るだけ確実に近い方法でお金を増やしたくて、そして気長にコツコツと積立出来る人。そんな人は楽天VTIをお勧めする。僕のように人生を今までより少しだけ楽しく出来るよ。

 

 

ではでは