持たざる者が時間を武器に金持ちになる

貧乏出身、現在進行形で貧乏な男が30年後に金持ちになるまでの軌跡を見せる。楽天VTIと運命を共に

MENU

<楽天VTI>本家VTIの配当がそろそろ出るらしい。果たして楽天VTIの基準価額は上がるのか・・・・・・? そして楽天VTIの実質コストが公開された<実質コスト>

どうも、僕です。

 

タイトルの通り、以前僕は『楽天VTIは無分配型だから、本家VTIの配当が出る時期に合わせて純資産を増やし、結果的に基準価額を上げるのではないか』と考察した。

詳細は以下の記事にて。

www.haiagare-sasami-r-vti.work

 

まあその後に僕は『毎日積立で取引回数を稼ぎハッピープログラムのステージVIPを目指す』という方針に変えたためこの記事に書いてあることは実践していない。だが、気になることは気になるので新たに記事を書いてみた。

 

まずおさらいだが、米国株式の多くは年に4回配当を出し(四半期配当と言うらしい)本家VTIもそれに漏れず3,6,9,12月のそれぞれ月末付近で配当を出す。つまりちょうど今の時期は米国株式投資を行っている者たちにとって嬉しい時期という訳だ。

 

さらに調べてみると、配当を貰える権利が確定するのが月末だとしてそこから何営業日かおいてからドルで振り込まれるという形らしい。今回は9月28日に権利確定らしいので10月に入ってから振り込まれるのだろう。

そうなるとどのタイミングで楽天VTIを運用するファンドに本家VTIから配当が振り込まれるのかが少し気になる。個人投資家とファンドでタイミング違ったりするのかな。

しかし残念ながら9月末は土日であるため正確な動きが捉えにくい。いやまあ、こんなところの正確な動きが分かったところで何があるという訳ではないんだが。

 

とりあえず冒頭の仮設を立証するため9月28日~10月5日あたりまでの楽天VTIの基準価額の動きに注目しようと思う。極端に上昇したらそれは仮説が正しい事になり、特に何の変動も見せないのならそれはそれで何らかの調整が行われていることが窺えるので良しとする。投資信託のブラックボックス感を実感できることだろう。

というわけでこの記事を書いている時点では楽天VTIの基準価額が上がるかはまだわからん。のちのち追記しよう。

 

 

そういえば楽天VTIの実質コストが公開された。0.311%である。0.1696%という当初のそれとは大きくかけ離れている。ライバルであるeMAXIS Slim米国株式(S&P500)に大きく水をあけられた感があり、この情報により資産がそちらに流出することは十分考えれらる。

 

だが僕は楽天VTIのままでいく

 

そもそも今『楽天VTIの信託報酬高すぎだよ!!!』と声高々に騒ぎ立てているのは、なんとなくまとめアフィで稼いでいる方々と同じ匂いがする。敢えて騒いで注目とアクセス数を集める手法だ。もちろん本気で投資をする上で信託報酬の低さに拘るのは当然のことだが、やはり騒ぎ過ぎ感がある。ミーハーが多く流入したことでたわら古参が辟易しているように、なんとなく乗せられて騒いでいる人間の多いこと。

 

僕はひねくれているのでそういう『流れ』に乗ってやるのが大嫌いである。故に楽天VTIでいく。これは意地だ。気に入らないものには従わない。そしていわゆる隠れコストが生じた原因も、おそらくは初期不良のようなものだろう。その内改善されていくさと楽観視している。

 

楽天VTIという投資信託に僕が入れ込んでいるのは『コストがそこまで高くなく、楽天銀行が使いやすく、そしてとにかく楽』だからだ。ウェルスナビを見てみろ。信託報酬1%だぞ? それに比べたら0.311%ってめっちゃ低いじゃんって思う。そもそもそのウェルスナビだって世の中にに溢れているゴミ投資信託と比べたら素晴らしいものだ。そして究極に楽をしたい人間にはそのコストすら見合ってるものだろう。証券口座やNISA口座すら開くのが面倒って人にはぴったりなコストだ。要は適材適所である。

 

ぶっちゃけて言うと、僕は人間なので機械になり切りすべてを割り切るのは無理だ。100%遊びも無しに資産を形成したいなら、今回の記事のテーマである基準価額の変動のタイミングなんぞ気にせずに淡々と積み立てていくべきだし、そして最も信託報酬の低いファンドにしゃにむに飛びついていくべきである。楽天VTIを捨ててね。

だが僕は『20年間積立投資を見守る』ことはできるが、『気に入らないものを心を押し殺して買う』ことはできないらしい。嫌なことはしないに限る。だからこのまま楽天VTIを積立購入し続けると決めた。

 

f:id:Hmiroku:20180928143415j:plain

 

決断はヒトを強くする。この美しいポートフォリオを崩す時は来ない。20年後にeMAXIS Slim米国株式にしたらよかったと後悔する時は、きっと来ない。

 

 

ではでは