持たざる者が時間を武器に金持ちになる

貧乏出身、現在進行形で貧乏な男が30年後に金持ちになるまでの軌跡を見せる。楽天VTIと運命を共に

MENU

<楽天VTI下落> 衝撃の下落は続く。インデックス投資家は淡々と買い増す中、僕はひっそりとハッピープログラム取引回数が足りない危機を迎えていた・・・・・・<ハッピープログラム>

どうも、僕です。

 

 

 

衝撃の赤

f:id:Hmiroku:20181011173916p:plain

https://finviz.com/map.ashx?t=sec

 

これはS&P500に含まれる銘柄が『現在+(プラス)かー(マイナス)のどちらであるか』を示したマップである。そして、赤がマイナス

マップのほぼ全域にわたる赤、赤、赤・・・・・・何の知識の無い人でもなんかヤバい事が起きていることはわかるだろう。

 

GOOGL:グーグル

FB:フェイスブック

MSFT:マイクロソフト

AMZN:アマゾン

 

誰でも知ってる銘柄。そうそうたる面子が軒並みデカいマイナスを叩きだしている。つまり、アメリカ経済がやばい。楽天VTIはアメリカ経済連動型なので楽天VTIもやばい。あとついでに世界経済もやばい

Twitterのタイムラインは「退場します」の言葉で溢れ、あれだけ意気揚々と「米国株式投資は良いぞ」と囁いていた自称インフルエンサー達は何処かへ雲隠れする。

 

やっぱり株式投資なんてギャンブルだ投資は悪だ

 

 

・・・・・・なんて煽ってくるブログ記事が乱立するだろう。

 

煽りは全部無視

インデックス投資家はこんな局面でも淡々と一定のスピードで株式を購入していく者達のことを言うのだ。狼狽えるな。むしろ、こんな局面だからこそ買うのだ。

 

そして勘違いしてはいけないが、値段が下がれば安く買えるからと言って今無理に買い増しする必要は無い。この局面で余力を残して居る人達は本物で尊敬に値する。マジリスペクトだ。こんな人たちを目指して今は耐えるのだ。

 

どんな局面でもあくまで一定のペースを保つことが重要

僕が伝えたいのは、インデックス投資で儲けたいなら今一度20年をかけると決めた初心を思い返せという事。そしてそれだけの長期間を捧げたのならほぼ確実に儲ける事ができる事を思い出せという事だ。

 

 

狼狽売りなどするなみっともなく騒ぐな。以上。

 

 

さて、強気な発言をした僕だが現在焦っている。

取引回数が足りない疑惑

 

『毎日積立』してるのに10月分のハッピープログラム対象取引回数が20回に届かなそうだよぉ・・・・・・(泣)

 

まずはこの記事参照。

www.haiagare-sasami-r-vti.work

 

9月分のハッピープログラム対象取引は目標の20回を超えることができた。しかし10月分はやばそうなのだ。

9月26日~10月25日において祝日が多い。祝日は取引が進まないため祝日1日に付き取引回数が1日分減ってしまう。

そして取引回数認証についてより詳しく言うと、9月26日に認定されるためには3日前の9月23日に取引が楽天銀行に認定されていないといけない。この関係で今のペースでは18回しか取引が行われない疑惑が出てきたのだ。妖怪2足りないやめて。

 

しかも『毎日積立』は積立NISA口座でしか利用できない(2018年10月現在)。楽天VTI1本の僕は既にほぼ完ぺきに限度額一杯になるように設定しているので・・・・・・あれ、詰んでる?

 

期間限定で特定口座でも楽天VTIに積立投資するのは・・・・・・?

 

無理でした

 

『毎日積立』は一銘柄に付き一つまでしか設定できないようだ。やっぱり詰んだ。おしまい。

 

 

 

 

 とはならなかった。

解決

多分知ってる人は「こいつこんなことで騒いでてアホじゃね」なんて思ってたかも。とりあえず以下の記事にて解決。

www.haiagare-sasami-r-vti.work

 

 

ではでは