持たざる者が時間を武器に金持ちになる

貧乏出身。現在進行形で貧乏な20代の若者が30年後に金持ちになるまでの軌跡を見せる。楽天VTIと運命を共に

MENU

グーグルアドセンス合格に必要なのは『まずグーグルに存在を認識されること』だと思う。そのための小手先の技術は全てググってパクれ! 自分のカラーを出すのはその後でいい!!

どうも、僕です。

 

僕がどうやってグーグルアドセンスに通ったか。正直言って確かなことはわからん。

 

 

  1. はてなブログプロに登録し独自ドメインを入手した
  2. グーグルアナリティクスを入れた
  3. グーグルサーチコンソールを入れた
  4. 2,3を設定したうえで自分が後で読み返して「良い記事やん!」って思う記事を五つ書いた
  5. 『上に戻るボタン』など自分がブログを読む際にあると便利だと思った機能を追加した

 

 

具体的にやったのはこのあたり。

 

これらは全て重要。でもそのやり方はネット上の親切な人たちのサイトに詳しく載っている。よって何も考えずともそれらをパクれば自然とできるはずなのだ。

 

そして僕も同じくやり方は丸パクリした。よくわからないプライバシーポリシーも書いたし、未だに1件も来ないお問合せフォームだって稼働させている。

 

皆と同じことをしているので、よってアドセンスに通ったのも偶然の要素が強いと思う。

 

ただ僕がアドセンスに合格したのは事実。よってこれまでのブログ運営の中で『これだ』と思ったことを書いてみる。

 

誰かの参考になれば幸いである。

 

 

 

 

 

 

 

とにかく『グーグルに認識してもらう』ことを意識

前述の2,3番が該当する。

 

検索してもらえそうな魅力的なブログテーマを決めるよりも、まずは何と言ってもブログの存在をグーグルに認識してもらわなければ始まらない。

 

よってブログが全然出来上がっていないとしても2,3番は早急にやるべし。やり方はググれ。10分でできる。

 

これらを設定したら、後はどんどん訪問者を増やすことに注力しよう。番号で言えば4と5だ。

 

んで、いきなりだが正直言ってアドバイスできるのはここまでだ。

なぜならグーグルに認識してもらう段階までは来ているので、あとはその人が各記事が面白いか否かに左右される。

 

では、面白い記事とはなんだろうか。ちょっと考えてみよう。

 

 

訪問者を増やす方法

ずばり『魅力的な記事を書くこと』である。ここからようやくブロガーとしての力量が輝くとこであると思う。

 

そして魅力とは他とは違うということ。そしてブログは自己表現の場であること。これらより導き出される答えは

 

 

自分に備わっているわかりやすい属性をブログを通して世界に披露する

 

 

ということ。ブログは魅力がなければ容赦なく埋もれていくもの。その中で目立たなくてはならない。ただし借り物では長く続かず、やはり自分の中にあるものを自然に出すのが最もやりやすい。書きたいものを書いていれば、いずれ誰かが読んでくれるものだ。

 

ただし、より早く自分を見つけてもらいたいなら序盤は『書きたいものを好き勝手に書きまくる』よりも『書きたいものをわかりやすさ重視で書く』ことを重視すべきだ。

 

人に備わる分かりやすい属性とは、簡単に言えば力が強いとかお金持ちだとか、何か普通から逸脱しているものだ。平凡なものばかりだとつまらない。そしてちょっと変わったものに人は魅力を感じ、それが訪問者の早急な増加につながるだろう。

 

 

ネガティブな属性もアピールの材料になる

ただし人間だれしもポジティブな魅力がある訳ではない。僕が代表格だ。人生ネガティブな要素しかないが、ただ本来ネガティブなこともアピールには使えるのだ。そして僕に備わっている最も分かりやすい属性は

 

 

  • 貧乏であること

 

 

これだ。滅茶苦茶ネガティブな属性だが、分かりやすくアピールできるのもいい。そして『貧乏人が投資を始めた』ことで、さらに普通と違う属性になる。

 

詳しく言えば、『投資は金持ちがするもの』という普遍的イメージも僕にプラスに作用する。人から向けられる感情は初めはネガティブなものでもいい。

 

 

「貧乏人が投資? どうせギャンブルだろ」

 

 

こんな風に見られたって構わない。無関心よりも否定の方が関心がある。そしてそこからブログを更新し続けていれば周囲からの評価は変わる。

 

特に僕が選んだ『長期投資』というテーマは最初の10年は下積み時代だ。そこで目一杯苦労してネガティブなイメージを持たれておき、そこから20,30年と経ってプラスに転じた時、それまでのネガティブなイメージは一気にプラスへと転じるだろう。

 

 

結局のところ好きなものを書けばいい

僕はお金が好きだ。そして貧乏から抜け出したいと思っている。だから投資を始め、そしてその模様をブログに残すと決めた。

 

至って自然な流れである。そして自然だからこそ続けるのも容易い。ただし、何事も始めるのには勇気が要るものだ。失敗だってするだろう。

 

ここだけの話、僕は2年前にブログを始めてアドセンスに合格できずに挫折した経験がある。その時は『お金を稼いでやろう』という気持ちが先行し過ぎたのもあるだろうが、やはり最初は失敗するものだ。

 

そこで僕が言いたいのは、失敗しても良いからとにかく始めてみようということ。もし失敗しても誰も文句は言わないし、実生活に影響なんて無いのだから気にしなくていい。

 

そしてあわよくば成功すれば、その後は自分の好きなようにしていい自分だけの空間を得られるのだ。ならばやって損は無しだ。

 

 

今回は以上

素晴らしい記事を書く人たちのように技術的に参考になるものは得られなかったかもしれない。でも、初心者がなんだかんだアドセンスに通ったという成功例がここにある。

 

だから大丈夫だ。何度でも挑戦しよう。技術的なことはちょちょいとパクって、あとは好きなことを好きに書こう。それはきっと自分のためになる。

 

 

 

ではでは