持たざる者が時間を武器に金持ちになる

トータルリターンを常に公開。貧乏出身で現在進行形で貧乏な20代の若者が30年後に金持ちになるまでの軌跡を見せる。楽天VTIが投資の軸

MENU

<2019年8月21日>楽天VTIとSPYDのトータルリターン公開。今月の給料額も確定したのでおおよその支出とともに公開

どうも、僕です。

 

昨日は自分の生活圏内でヤベー奴に遭遇してしまった。その恐怖からかブログを書くのを忘れてたぜ。

 

いやはやイキっていても僕もただの小市民。暴力的な行動には素直に忌避感があるものだ。

 

とりあえず共有スペースでイライラを発散するのはやめていただきたいものである。ふつーにこわい。

 

やっぱり格安寮に住み続ける人間って大なり小なりそれらしい理由があるんやなぁと学んだ日であった。

 

さて、愚痴もそこそこにいつものいってみよー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トータルリターン

いつもの画像。

f:id:Hmiroku:20190820073725p:image

 

 

 

  • 楽天VTI:-6,338円
  • SPYD:-2,353円

 

 

 

どちらも若干戻してきたかな。

 

あ、 SPYDは先日8株追加購入したでござる。その時の様子はこちらに。

www.haiagare-sasami-r-vti.work

 

まだまだ世界は荒れ模様。多分また下がるけども気にせずバイ&ホールドである。

 

世界が荒れようとも、安定した給料があるからこそ楽天VTIに投資できているしなんなら先日のSPYD追加投資もできた。

 

そして今月も給与額が公開される時期である。というわけで大まかな額を公開していくぞよ。

 

 

7月の大まかな給料&支出を公開

まずは給料。

 

 

手取りで17.5万円

 

 

少ない。

 

が、×12で200万円を超えると考えると多いような気がする。朝三暮四の逆バージョンか?

 

まあ何者でもない僕が貰うには十分な額かもしれない。いや本音は非課税で1億円欲しいけども。

 

まあそんなことはいいんだ。次は固定費だ。

 

7月の支出(固定費)

7月の固定費は……

 

 

10.55万円

 

 

である。

 

ちなみに先月はこんな感じ。

www.haiagare-sasami-r-vti.work

 

先月より固定費が増えた理由は、SPYD購入費用を用意した分である。楽天VTIとSPYDの二刀流で毎月投資をしていくスタイル。

 

これで毎月7万円程度を投資に回すことになる。なんかインデックス投資家としてそれっぽくなってきたんじゃないかな?

 

とはいえ無理はしたくないので、優先順位を楽天VTIの方が上としてお金が要る時はSPYD購入を見送るという形にしようと思う。

 

つまりSPYD購入費用は準固定費という扱いになる。多分これから毎月の収支記事でSPYDが出たり出なかったらすると思われる。

 

『つみたてNISAが最優先』というのは今まで通り変わらない。

 

そして先ほどの固定費の内訳である。

 

固定費内訳

 

  • つみたてNISA(楽天VTI):3.7万円
  • SPYD:3.3万円
  • 新入社員融資返済(無利子):1.5万円
  • スポーツジム:7,000円
  • 給食費(昼食のみ):4,500円
  • iPhone8の24回ローン(無利子):3,000円
  • ポケットWi-Fi:3,500円
  • パリーグTV:1,500円
  • 楽天モバイル:1,000円

 

 

以上で計10.25万円。

 

これらより単純に考えれば僕が1ヶ月あたりに自由に使えるお金は

 

 

7.25万円

 

 

になる。投資費用を約7万円取っていることを考慮すれば、随分と大金が残ることになる。

 

また朝食や夕飯は寮の格安ご飯を食べることができるし、交通費は自転車をフル活用することで抑えることに成功している。

 

なんだかんだで新生活もうまくいっているのが嬉しい。ちなみに自転車購入費用は防犯登録など諸々含めて18,000円である。

 

なんの変哲も無いママチャリにしては高いが、僕は自転車はマジで毎日乗り回すので必要な出費として捉えている。

 

でも高いね。その分フル活用して取り戻そうと必死になれるかな。

 

こんな感じでぼちぼちサラリーマン生活を無難に過ごしている。

 

まあ、働かなくて済むなら働きたくないんだけどね。そうも言っていられないので20年くらいはサラリーマンをやる心算である。

 

必然的に長期戦となるインデックス投資。みんな頑張ろうな。無理しちゃダメだぜ。

 

 

ではでは