持たざる者が時間を武器に金持ちになる

トータルリターンを常に公開。貧乏出身で現在進行形で貧乏な20代の若者が30年後に金持ちになるまでの軌跡を見せる。楽天VTIが投資の軸

MENU

<SPYD>現在のポートフォリオのおさらいと保有来パフォーマンス公開<楽天VTI>

どうも、僕です。

 

暇なので投資資産を晒すことにする。と言ってもトータルリターンは毎週晒しているので、今回はポートフォリオの円グラフを見せることにするよ。

 

イケイケドンドンな米国株(投資信託とETFだけど)の様子をご覧あれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕のポートフォリオ

いつものではない画像。

f:id:Hmiroku:20191109104835p:image

 

内訳は

 

 

  • 楽天VTI:82%
  • SPYD:17.8%
  • 米ドル:0.2%

 

 

大まかにこんな感じ。株式は米国株オンリーである。

 

僕はこれらをまとめて100万円分くらい保有している。このポートフォリオ全体のリターンについては後で書く。

 

SPYDの配当によりアセットアロケーションが若干変化

9月までは日本円と米国株式のみだった。安定資産の日本円とリスクを取りつつリターンを見込める米国株の最高の布陣である。

 

しかし9月にSPYDの配当が出たためここに米ドルが加わることとなった。

 

金額にして13ドルくらい。本当に僅かだがアセットアロケーションが変化したことになる。

 

これを受けて今後の方針としては

 

 

  • 今後も日本円と米国株式の二つの柱による構成に変化は無し
  • 楽天VTIはつみたてNISA口座でのみバイ&ホールドを継続(20年間)
  • SPYDの保有数を段階的に増やし、配当でもらえる米ドルのみでETFを買い増しできるようにする

 

 

特にSPYDの保有数を増やすことが至近の目標である。もらった配当をそのまま再投資できるようになれば、微妙に増えてしまった米ドルポジションの解消ができるからだ。

 

なんとなく2って良い数字だよね。だからアセットアロケーションは日本円と米国株式のみでいきたいのだ(雰囲気で投資をしている)。

 

全体パフォーマンス

ついでにこれも。

f:id:Hmiroku:20191109104719p:image

 

 

  • 総投資資産(米ドル含む):1,007,548円
  • 投資元本:929,611円
  • 含み益:76,460円

 

 

93万円投資して7.6万円の含み益。単純に計算して…

 

 

+8.21%

 

 

2018年7月くらいに投資を開始してからの含み益が8.21%となった。

 

キャピタルゲイン狙いの楽天VTIとインカムゲイン狙いのSPYDのどちらもが上手く機能してくれた結果だ。むしろSPYDはキャピタルゲインも出してくれているあたり予想外に調子が良い。

 

まあどうせすぐ減るだろうけど。長期的には右肩上がりと言えども短期的に下がることはある。僕はそれを知っているが、素直に喜ぶことも大事だとも知っている。

 

甘んじて束の間の喜びを味わおう。

 

やはり初心者はインデックス投資が向いている

束の間とはいえ、特に実生活に実害もなくこれだけの利益だ出たことは事実である。

 

しかも僕は昨年の大学4年生時点で投資を始めた初心者である。その初心者投資家が積立投資をしていただけでこれだけのリターンを得られたのだ。

 

何度も言うがインデックスのメリットはこれだ。

 

 

  • 手間がかからない
  • 時間がかからない
  • 定期的に入金しておけば良いので毎月の給料があるサラリーマンにピッタリ

 

 

日本国内でサラリーマンをやるならマジでインデックス投資はした方がいい。もちろん『バイ&ホールド』を遵守することが絶対条件だが。

 

その辺りについて別記事で書いているので投資に興味を持った人は見てほしい。

www.haiagare-sasami-r-vti.work

 

さて、今回の記事で分かってもらえたのではなかろうか。『狼狽売りをせずに粛々とバイ&ホールドをする』ことの大事さが。

 

極めてシンプルで簡単だ。だが守らない人だっている。なぜならインデックス投資とはいえ時に大きな含み損を抱えることがあるからだ。

 

ちなみに昨年末のパフォーマンスはいくらだったと思う?

 

-17%

金額こそ大したとこはなかったが、割合としてはなかなか大きい含み損であった。

 

その時の記事はこれ。

www.haiagare-sasami-r-vti.work

 

今の+8%を考えると実に25%も変動したことになる。まあそこまで単純じゃないが。

 

ここで伝えたいのは『-17%にびびって狼狽売り』したら『+8%を逃す』ということだ。

 

楽天VTIを、本家VTIを、そしてバンガードという会社を信じてバイ&ホールドしていれば良い。それが守れないのなら投資はしない方がいい。

 

やはりシンプル。とは言え狼狽売りのリスクを下げるためにも『投資は余剰資金で行う』ことは徹底した方が良い。

 

まあ僕はフルインベストメントしてるんだけどね。信じるものは救われる…あるいは足元をすくわれるかも知れぬ。

 

 

何はともあれいつものあの言葉で締めくくろう。

 

 

インデックス投資万歳!!

 

バンガード万歳!!!

 

 

 

<追記>SPYD(米国ETF)買ってる人は読め!!

僕も知らなかったのだが、SPYDを買ってる人はリンク先の記事を是非とも読むんだ。

t.co

 

SPYD含め米国ETFの配当は米ドルでもらえる。詳しくはリンク先記事を読んで貰えばわかるが、この配当をドルのまま放置しておくといずれ税金的にちょっとまずいことになるのだ。

 

解決策及び僕の今後の方針を記す。

 

 

  • SPYDは今後も円貨決済で購入する
  • 今後得られるSPYDの配当は受け取った日に全額米ドルMMF購入に充てる
  • 現在保有する米ドル13.51ドルは1ドルあたり108.06円の時に得たものなので今はドルのまま保有し続ける
  • 1ドルあたり107円台あるいはそれ以下の水準でこの配当を全額米ドルMMF購入に充てる

 

 

こんな感じだ。これで配当に関する税金問題も解決できる(はず)。

 

記事を書いてくれたノアさんには感謝を!!!

 

みんなも税金関連は気をつけような!!

 

 

 

ではでは