持たざる者が時間を武器に金持ちになる

トータルリターンを常に公開。貧乏出身で現在進行形で貧乏な20代の若者が30年後に金持ちになるまでの軌跡を見せる。楽天VTIが投資の軸

MENU

<走行距離13万キロ>トヨタの中古車買ったよ。とりあえず25万キロを目指すぜ<ディーラー保証は手厚い>

どうも、僕です。

 

折に触れて節約エピソードを披露しているが、今回はその中でもお決まりのやつをやる。

 

とはいえ初出ではなく、すこーし前に話してたやつの続き。

 

 

 

 

 

中古車買った!!

 

6年落ち13万キロ走行のアクア!!

 

 

 

 

年式はそこまで古くないが、走行距離がぶっちぎっている。さぞ安いのだろうなとと思いだろう。

 

 

 

全然安くないぜ

 

 

 

肝心の値段は勿体ぶって後の方で話す。

 

というわけで今日は買った中古車のこと及び動機について書くぜ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コミコミ67万円

いきなりネタばらし。というか目次の時点で見えるしな。

 

まずコミコミというのは以下の項目を含めてである。

 

 

  • 車両代
  • 今後のブレーキパッド等の部品の交換保証(3年、距離無制限)
  • ハイブリッド車バッテリー保証(6年)
  • 乗り出し前の車検および部品交換費用
  • 自賠責保険先払い
  • ドラレコ購入&設置代
  • 車庫証明など諸々の登録手続き

 

 

車両代自体は50万円だったが、ディーラー特有のオプション盛り盛りで67万円となった。

 

とはいえ車検が2年後になる+部品の交換はデカい。なぜなら僕は車素人だから。出来るだけプロにお任せした方が良い結果になるだろう。

 

実際このアクアについては車両受け渡し時に渡された明細書曰くかなりたくさんの部品が交換されている。

 

そのおかげか今日試しに近所を30キロほど走ってみたが全く問題ない。目標は25万キロだ!!

 

ま、車に詳しい人だとこの辺りをもっと安くできるのだろうなぁという思いはある。

 

しかしそもそも僕はパンピーであり過度な自信は事故の元である。車の足回りがへたってるか否かなんてわかりはしない。

 

よって多少割高でも安心して乗り潰せる車を選んだ訳だ。『限界まで安く』か『割高だが壊れないで普通に動く』のどちらを選ぶかは人それぞれである。

 

参考までに僕の購入したアクアのメーカー小売価格は余裕の200万円超えである。まあ3分の1で買えている時点で中々お得なことに変わりはない。

 

車の外観

アクアといえば燃費が良いと評判のハイブリッド車だ。

f:id:Hmiroku:20191117202525j:image

 

 

素晴らしい青。かっこいい(惚れ惚れ)。

 

身バレ防止のために色々とカットしてるぜ。

葉脈から特定されないように

 

まあとりあえず車種と色が分かれば良いやろ。

 

兎にも角にも僕は満足している。余は満足じゃ。

 

 

ディーラー評価は4点

トヨペットに併設されてる中古車屋さんで買った訳だが、そこの中古車にはこんなのが貼られている。

f:id:Hmiroku:20191117195405j:image

 

年式や走行距離、車体の美麗さなどが評価項目である。4点は真ん中よりは上といったところ。

 

それもそのはず僕の車は年式はノーマルだが走行距離がアレである。逆にいえば13万キロでもそこまで評価が低くないのは意外であった(まあ贔屓目もあるだろうが)。

 

何よりも他のアクアと比べて段違いに安かった。車は単なる移動手段なので、同じ機能で値段が安いというのはかなりのアドバンテージである。

 

素人ながら中古車を買う基準として考えたこと

本当に基本的なことだけ。

 

 

  • 修復歴無し
  • 水没車でない
  • 試乗してみて違和感が無い

 

 

この3つだ。

 

中でも重視したのは『修復歴無し』であること。簡単に言えば事故車か否かである。

 

事故車のヤバさは素人の僕でもわかる。見た目は綺麗になったとしても、見えない部分にガタがきていてもおかしくないのが修復車である。

 

そもそも修復するような目にあった車には乗りたくない。

 

基本的に運転手が無茶をしたから事故が起きるのだ。もちろん事故る車全てがそうとは言わないが、基本的に無茶な運転をする人間が乗っていただろうし色々と車の消耗も激しいだろう。

 

次は『水没車でない』こと。今時の車は電気系統まみれなので水没すると確実に何かがイカレる。

 

下手したら交差点のど真ん中で車が動かなくなる可能性だって全然あり得る。これこそ街の中古車屋さんで遭遇する確率の高い『地雷』だ。

 

これを避けるためにも試乗をすべし。ハンドルが片方だけ切りにくいとか、些細なことでも販売員に質問した方が良い。

 

ちなみに試乗の際に変な匂いがしたら水没車なので避けた方が吉。エアコンをつけてみてドブのような匂いがするのもアウト。

 

僕はこれらを総合的に判断して今の中古車に決めた。

 

 

とはいえ13万キロ走っているのは事実

紛れもない事実。車体やエンジン、ハイブリッドバッテリーなどが新車よりダメージを負っているのは必然。

 

というわけで僕が身をもって実験してやるぜ。楽天VTIの20年計画もそうだが僕は自分で実現するのが好きらしい。

 

果たして25万キロ到達できるのか!? はたまた保証期間の3年以内にジャンクと化してしまうのか!!

 

乞うご期待!!

 

 

ではでは