持たざる者が時間を武器に金持ちになる

トータルリターンを常に公開。貧乏出身で現在進行形で貧乏な20代の若者が30年後に金持ちになるまでの軌跡を見せる。楽天VTIが投資の軸

MENU

<2020年1月21日>楽天VTIとSPYDとTECLのトータルリターン公開。予想外の出費に備えSPYD23株を売却予定なり

どうも、僕です。

 

概要はいつも通りタイトルに全部書いてある。とりあえず今の僕のポートフォリオについて話すか。

 

 

  • 楽天VTIはいつも通り毎月3.3万円のつみたてNISA口座でバイ&ホールド
  • SPYDは86株→63株になる(予定)
  • ガチホ予定のTECLは最近3株購入した(約10万円分)

 

 

おや、箇条書きで終わってしまった。やはりインデックス投資というものは退屈で変化のないものなのである(TECLは刺激的な予感するけど)。

 

じゃあ、とりあえずはいつものトータルリターン公開いこうか。まあそれしか書かないんだが。

 

 

トータルリターン

いつもの…プラスアルファ。

f:id:Hmiroku:20200121081106p:image

 

 

 

  • 楽天VTI:+141,045円
  • SPYD:+23,683円
  • TECL:+1,674円

 

 

 

ポートフォリオが賑やかになったな? でもSPYDさんは今夜23株も仲間を失ってしまうので寂しそう。

 

何を隠そう、現金不足だ。TECLを買ったのが元凶ではなく(一因ではあるが)、現実で現金を想定外に必要としたためだ。

 

諸々の出費をクレジットカードで乗り切るつもり満々だったのに、そのためにボーナス払いができるかどうかも必死こいて調べていたのに。

 

思わぬところから伏兵の現金支出予定ができてしまい、慌ててSPYDを売却している阿呆とは僕のことである。

 

いやほんま現金至上主義やめろや…あと内祝いってなんやねん…祝われる側なのにお金飛んでいくんだが…?

 

と、ぐちぐち言ってもしょうがないので前を向こう。とりあえず23株売却すると10万円くらい現金が用意できるのでそれ以上はビタ一門も出さないという覚悟でいく。

 

TECLも絶対に売らねぇ。後々SPXLに替えるかも知れないが、安易な現金化だけはしない。

 

結婚するわ

あ、3月に結婚するんすよ僕。いえーい。投資も微塵もペース緩める気ないから安心してな。

 

これまでの僕の家計を苦しめた主な支出。

 

 

  • 毎月6万円越えの交通費
  • デート費用(主にご飯代)
  • 結婚関連の諸々の出費のための貯金(支出…?)

 

 

デート費用はこれから増えるかも知れんが、他がデカすぎるので間違いなく今よりも支出が減る。しかも共働き。むしろ投資のペース上がるんじゃね?

 

まあ妻には投資はしてもらわない予定。自分で稼いだお金は好きに使って生きてほしい。自分から投資したいって言い出したら別。

 

なんてったって僕は僕の稼ぎで生きていけるから。

 

新居の家電は金利無料のボーナス払い、福利厚生パワーで家賃は駐車場代込みで2人で月3万円以内の予定。将来は明るい。

 

ほんまに今が一番苦しい時。ここを乗り切れば生活はだいぶ楽になる…つーか結婚資金用意しながら新卒で100万円も投資したのって偉業じゃね?

 

やっぱすげーな僕。これは幸せになるべきですわ。と言いつつも朝は呪詛の念を吐きながら通勤する哀れなサラリーマンである。

 

いやほんま、はよ仕事辞めたい。10年は頑張る。20年は…多分無理。

 

みんなも無理せずにな。ぼちぼちやっていこうや。

 

 

 

ではでは