持たざる者が時間を武器に金持ちになる

トータルリターンを常に公開。貧乏出身で現在進行形で貧乏な20代の若者が30年後に金持ちになるまでの軌跡を見せる。楽天VTIが投資の軸

MENU

<2020年4月29日>楽天VTIとTECLとSPXLのトータルリターン公開。楽天VTIの含み損がかなり小さくなるの巻

どうも、僕です。

 

自粛ムードにストレスが溜まっているぜ。

 

何と言ってもエニタイムが閉まっているので日課の10分トレーニングができていないのが大きい。

 

いつもなら仕事帰りにジムに寄ってかるーくぶら下がって懸垂をしたり、パワーラックでベンチプレスをしたりと充実した生活を送っていた。

 

だがコロナ某及びそれに付随する正義の自粛マンたちのために僕の生活はストレスに塗れたものとなってしまった。

 

選択の刻ではないか?

 

敢えて口に出すが、犠牲にならなくていい人たちまで苦しい思いをしているのが現状だろう。

 

打破するためには『捨てる選択』をしなくてはならない。無論、誰もが捨てられる側にはいたくないだろうこともわかっている。

 

だからこれは単なる愚痴だ。僕は今ブログを何の生産性も無いストレスの吐口にしている。

 

これを見て不快なものを感じた人は、どこかでそのストレスを吐き出す。そうして憎しみの連鎖が続くのである。

 

 

ああ無情。

 

しかしそんなことは考えても詮無いことだ。というわけで僕はいつものことをいつも通りにする。

 

トータルリターン

いつもの。

f:id:Hmiroku:20200429012444p:image

 

楽天VTIが戻ってきたな。流石に積立期間が僕のポートフォリオの中で最長なだけあって安定感がある。

 

レバレッジETF達は取り柄である激しい値動きを失ってしまった……何ともつまらない限りである。

 

というのは勘違いである。-70%から気づけば-45%まで来たことを考えると僕の感覚が麻痺しているだけだ。

 

やはりTECLは素晴らしい。というわけで僕はガチホを愚直に続けていく。

 

自粛のその先にあるのは絶望だが、僕には希望がある。

 

米国株に幸あれ。

 

 

ではでは